1. TOP
  2. ブログtop
  3. キャバクラ
  4. 派遣のキャバ嬢とは?メリットとデメリットを教えます。
キャバ名刺

派遣のキャバ嬢とは?メリットとデメリットを教えます。

キャバクラ   89 Views

多くの会社で力強い即戦力として働く「派遣社員」の方々。

実は、夜の世界にも派遣のお仕事があります。

派遣のキャバ嬢と普通のキャバ嬢(=お店に在籍するキャバ嬢)では、働く上で何が違うのでしょうか?

派遣のキャバ嬢のメリット

派遣のキャバ嬢のメリット①完全自由出勤

派遣のキャバ嬢の一番のメリットは、シフトを提出する必要がないことです。

週に○回働かなければいけないという決まりもなく、働きたい日のみ働くことができます。

「今日の夜、暇になっちゃったから働こうかな?」なんてことも派遣の求人さえ空いていれば出来るのです。

また、お仕事を予約した後でも、前日まではキャンセルが可能な派遣会社が多いです。

「やっぱり明日は遊びたい!」そんな急な予定変更も可能なのが派遣のキャバ嬢です。

派遣のキャバ嬢のメリット②同伴の必要なし!

キャバ嬢にとって大事だけれど負担の大きな仕事がお客様との同伴。

お客様とお店の外で二人きりになる可能性のある同伴はリスクを伴うものですが、派遣のキャバ嬢であれば、同伴をする必要は一切ありません。

派遣のキャバ嬢のメリット③営業の必要なし!

在籍キャバ嬢を悩ませるのが、お店からの「お客様を呼んで」というプレッシャー。

出勤時間以外にもラインや電話でお客様に営業をするのはとても大変なのですが、派遣のキャバ嬢であれば、一切営業をする必要はありません。

あくまでも当日お店に行き、店内での仕事を全うすればよいのです。

派遣のキャバ嬢のメリット④給料が全額日払い

在籍キャバ嬢の場合、1日の日払いは金額が決まっており、日払い後の残額をお給料日にまとめてもらいます。

派遣のキャバ嬢であれば、その日働いた分のお給料はその日のうちにもらうことができます。急にお金が必要になったときにもすぐにお金を手にすることができます。

派遣のキャバ嬢のメリット⑤ノルマやペナルティなし

同伴回数や売上金額のノルマや、その他様々な理由でペナルティを課すお店が多いですが、派遣のキャバ嬢であればそういったものの心配をすることなく働くことができます。

派遣のキャバ嬢のデメリット

バックがない!

大半の派遣のお仕事では、基本的にバックはありません。

頑張って盛り上げてシャンパンを飲んでも時給のみのお給料です。

人間関係を築きにくい

派遣のキャバ嬢は、継続的に一つのお店で働くわけではないので、お店のボーイやキャストの方々と人間関係を築くのが難しいです。

お店の方々も、始めてくる派遣のキャバ嬢相手には事務的な対応になりがちで、和気藹々と働きたい方には少し寂しいかもしれません。

早上がりの対象になりやすい!

お店が空いてきたら、在籍のキャストよりも先に、保証時間を超えた派遣のキャバ嬢から上がりになります。

お店が派遣のキャバ嬢を雇うのは、その日に見込んでいる客数に対し出勤する在籍キャストの数が足りていないためです。

ある程度来店客数が落ち着いてくれば、今後指名客になる可能性のあるフリー客には在籍の子を優先的につけるのが普通なので、派遣のキャバ嬢はその晩の役目を終えることになります。

どうやって派遣のキャバ嬢になるの?

派遣のキャバ嬢になるには、ナイトワークの派遣会社へ登録をする必要があります。

「キャバクラ 派遣 」などで検索すると出てくる派遣会社のwebサイトを見てみましょう。

最近ではどこもwebから登録会の予約が出来るようになっています。

webの説明に沿って予約をするか、webサイトに記載の電話番号に「派遣に登録をしたい」という電話をしてみましょう。

派遣会社のオフィスに行って登録を済ませれば、派遣の求人に応募出来るようになります。

どうやってお仕事を探すの?

派遣会社のwebサイトの会員ページにログインすると、働きたい日の求人をみることができます。

場所や時給などの条件から求人を絞り込み、働きたいお店の求人に予約をして、当日お店に行きます。

仕事内容の違いは?

派遣のキャバ嬢と普通のキャバ嬢の一番の違いは「お店に在籍しているかどうか」ですが、お店に来るお客様からすれば、お店で働いている女の子は皆そのお店の女の子だと考えるでしょう。

キャバクラは疑似恋愛を楽しむ場でもあり、「またこの子に会いたい」と思ってもらうことが必須です。

しかし、せっかく素敵な女の子に会えたのに、実は派遣のキャバ嬢で、二度とそのお店では会えないかもしれないとしたらお客様はどう感じるでしょうか?

その女の子がいないならもうお店には来ないかもしれませんし、もう会えないならドリンクも出す必要がないと考えるかもしれません。

そのため、派遣のキャバ嬢は、「自分は派遣である」ということをお客様に言ってはいけないことになっています。

かといって、初めて来たお店で在籍のフリをして会話をするのは難しいため、体験入店をしているフリをして働きます。

また、派遣のキャバ嬢は複数のお店で働くため、お客様を他の店に連れて行かれないように、お客様との連絡先交換を禁止しているお店も多いです。

それ以外は、基本的にキャバ嬢としての仕事内容に変わりはありません。派遣のキャバ嬢は、優先的にヘルプの役目が多くなることも覚えておきましょう。

お給料の違いは?

派遣のキャバ嬢には基本的にバックはありませんが、時給は少し高めのところが多いです。

そのお店に入店してもらえる時給は3000円だけれど、派遣で行くと3300円くらい、ということが多いです。

しかし、在籍キャバ嬢は売上があれば時給アップを目指せますが、派遣のキャバ嬢は努力をしても時給があがることはありません。

派遣の求人には保証時間というものが設けられています。

4時間前後に設定されているところが多く、その時間分は必ず働くことができると保証されています。

お給料から引かれるものは10%の税金と、厚生費1000円程度が一般的です。

例えばあるお店の求人に、「時給3,500円、保証時間4時間、ひかれるもの:税金10%、厚生費1000円」と記載があるとします。

3,500円×4時間=14,000円から10%の税金1,400円と厚生費の1,000円が引かれて11,600円となり、この金額は必ずもらうことができます。

時給は高く設定されているけれど引かれるものが異様に多く、結局もらえるお金は少ない、ということもあるので、いくらもらえるのかは必ず求人を予約する前に自分で計算しましょう。

こういう人は派遣がオススメ

  • これまでに夜のお仕事をしたことがある
  • 本業にプラスしてアルバイト程度にお金を稼ぎたい
  • 学業や本業が忙しいのでできるだけ余計な時間や体力は使わずに稼ぎたい
  • 本業の就業時間が不規則で2週間や1ヶ月単位のシフトを出すことが難しい
  • お客様と連絡先交換をしたくない
  • ラインや電話での営業に時間をかけたくない
  • 在籍をした経験があり、辞めるときにお店やお客様と揉めた経験がある
キャバ名刺

\ SNSでシェアしよう! /

かわいい名刺クラブの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいい名刺クラブの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「色恋」とは

  • ガールズバーってキャバクラと何が違うの?バイトするメリットとは

  • 同伴出勤!お客様の誘い方から店選びまで教えます。

  • 裏引き

  • 現役キャバ嬢が教える!話すことがない時の会話術!

  • 現役キャバ嬢が教えるアフターの極意!お客さんをがっちり掴むポイント!