キャバ名刺とネイリスト向け名刺のデザイン

テンプレートとお洒落なデザインがキャバ嬢とネイリストに人気。

キャバクラ嬢・ネイリスト向けの名刺をデザイン/a>

指名が取れるキャバ名刺を作成します。

トップページ > グラマラス&ゴスロリ系 > チェーン&バラ・赤(写真あり)
チェーン&バラ・赤(写真あり) 【gla012ra】
チェーン&バラ・赤(写真あり)
チェーン&バラ・赤(写真あり) 裏面
裏面のデザイン(両面の場合)
仕様:よこ9.1cm×たて5.5cm
台紙:ミラーコート・プラチナ(ピカピカでツヤのある厚紙)
色数:両面フルカラー(片面をご希望の場合は片面)

片面 100枚 4,800円
片面 200枚 7,600円
両面 100枚 5,800円
両面 200枚 9,600円



LINEスタンプ登場!
名刺ができるまで
【1】ご希望の枚数と片面・両面を選びご注文ください。
【2】自動返信される「注文受付メール」に必要事項を記入しご返信ください。
【3】仕上がりイメージを1-2日以内にメールにて送信します。
【4】問題なければそのまま印刷し郵送いたします。
※ご注文から商品到着まで1-2週間程度です!

名刺の裏側を英語表記にする理由はあるのでしょうか

名刺には片面タイプと両面タイプの2種類があります。勿論両面タイプの方が製作コストは割高になりますが、名刺を貰ったときについ裏側を見てしまうのは裏に何が書かれているのかと興味を持ち裏をちらりと見てしまうのです。裏を見て真っ白の場合もあれば、裏に何かが書かれている場合もありますが、裏が真っ白の場合は何故かがっかりした気分にもなるのではないでしょうか。中には会社の地図が描かれているようなものもあれば、複数の支店を持つ会社では裏側に会社の各支店の所在地などが明記されている場合もあります。また、表側に書かれている氏名や住所そして役職などが英語表記されているタイプもあります。表面は日本語であり、裏返すと英語表記となっているわけです。しかし、日本人に手渡す名刺に英語表記が必要なのでしょうか。と言う事です。英語表記の必要性は、まったく無いとは言い切れませんが、中には読み方が解り難い氏名や住所と言うものがあります。この表示は、英語というよりもローマ字になるわけですがローマ字で書かれてあれば、その名前がどのように読むものであるのかや、読み方が難しい住所も簡単に相手に教える事が出来ると言うメリットがあるのです。