MENU

名刺広告とは何でしょうか?

名刺広告とは一体なんでしょうか?
そんな質問を受けましたのでお答えいたしますね。
新聞の広告用語の一つです。
お正月とお盆に会社名だけ・または会社名+代表取締役の名前だけが入った小さい広告を見たことありませんか?
あれが名刺広告といいます。
地方紙では東京に出てきて出世した人が
錦を飾るために出身地である地元の新聞に名刺広告を出したがる傾向があります。
「○○県出身」などと肩書きを加えるケースも多いです。
中央紙(朝日・読売・日経・産経)の場合は「おつき合い」のケースが多いです。

新聞社の広告局員は11月頃になると広告代理店へ対してセールスを開始します。
ちゃんとクライアントからお金を取ろうが取れまいが「実績」を重視して
代理店を追い込んでいきます。
広告代理店も自分の下請け会社など立場の低い会社に広告を無理やり出させたりします。
お金が取れない場合では自腹を切って新聞社に上納するような仕組みになっています。
ですから一度でも名刺広告を出稿したら未来永劫、実績・実績と騒がれて無理強いされてしまいますので注意が必要です。
普段広告代理店を見下している日本経済新聞社などは「名刺広告のセールスの時だけ」広告代理店に食事を出す会合を開きます。
古い体質を自慢する新聞社の化石のような広告ですね。
時代錯誤もはなはだしいですね。

«
 
キャバクラ・ネイリスト向けかわいいデザインの名刺の作成をしております。QRコード無料作成します。100枚3800円から。200枚以上で送料無料です。